日常茶飯事

「日常茶飯事」はブログのようなものです。お茶、お酒、旅行、地域づくりなど、思いつくまま書きます。facebookと連動させることもあります。できるだけ400文字以内に収め、できるだけ写真を添えます。文体は「ですます」と「である」を気分で使い分けます。先月の書き込みは別項目にまとめてあります。


西土佐日記

4月22日(月曜日)

二日間の西土佐滞在を終え、千晴さんに送ってもらい、宇和島駅に。ここから約9時間の鉄道の旅である。千晴さんとは二日間も一緒に過ごした。彼女が携帯電話を駆使し、撮影した写真を次々とfacebookに記録していく様子に刺激され、私も金沢への帰路を同時進行で記録してみることにした。

帰りの旅の始まりにアンパンマン列車(宇和海8号、ドキンちゃん号)に出会ったことが、facebookにあげようと思った直接的な動機だけどね。

発車したら車窓から瀬戸内海を撮ろうとしたが、近景が思った以上にすばやく画面を横切り、しかも、当たり前だけど画面を覆うほどの大きさなものだから、期待するほど良い写真にならない。人間の目は見たくないものを見ないようにできているらしい。それで窓辺に宇和島駅のキオスクで購入したみやげ物を並べてみた。facebookにアップしたら冷凍ミカンを思い出すとのコメントをいただき、なるほどと思い、こういうリスポンスを旅の途中にいただけるのも、facebookの楽しみだとも思う。

11時過ぎに松山に到着。待ち時間9分で次の特急しおかぜ16号が出発するというつながりの良さ。お弁当やお茶を買っている間に出発時間になり、列車の撮影は出来ずじまい。それで列車内を撮影。すると今度は座席の背もたれは木製かとの質問がfacebookを見た知人から届く。これもなるほど、そのような見かたもあるのか、と思う。この特急は瀬戸大橋を渡り、岡山まで行く。瀬戸大橋は何度も渡ったことがあり、そのたびに、思い通りの写真が撮れていないのだが、今回は吊り橋のカタチを撮ることができたので、良しとしよう。なお、特急しおかぜ(8000系というのだそうだ。JR四国のサイトに載っていた)の先頭シートと最後尾シートにはパソコンテーブルがついている。次はその席を予約しよう。

続いて岡山駅から新幹線。ここはなぜか待ち時間が30分もあるので、新幹線ホームの待合室に。するとwifiコーナーがあるので、携帯を充電する。のぞみ32号に乗車し、再び携帯を充電。いまの携帯のバッテリーがそろそろ寿命がきているようだ。

ここから先は通い慣れた鉄道で、しかも、トンネルも多くて面白くない。特に記録することもなく、新大阪駅に到着。

北陸線方面のホームに向かうと、待っている人も少なくて一気にローカル線モードになる。サンダーバード31号が到着。出張帰りのおじさんたちが一杯飲んでいたりするが、さほど羨ましくない。それよりもパソコン席に座りたかったと思ったりする。

てなこと言っているうちに金沢駅に到着。